すいすいブックス店主のプロフィールはこちら

『タラント』角田光代氏の長編小説。自分の”使命”を考える。

『タラント』角田光代 中央公論新社 本が読みたくなる

読売新聞での連載が終わってから半年近く。とうとう角田光代さんの『タラント』が書店に並びました。登場人物たちに久しぶりに出会い、「タラント=使命」とはなんなのか、と考えながらの読書体験となりました。ぜひ手に取って読んで頂きたい小説です。

『タラント』角田光代 中央公論新社

(2022年2月21日発売)

新聞小説は読んだことのない作家さんと毎日出会える良いきっかけとなる場だと思う。角田光代さんの長編を読むのは初めてだったが、そこはベテラン作家さん、出てくる人々にうそがない。読み終わると、登場人物たちが現実に、東京や香川のどこかで暮らしている気がしてならないのだ。

 

1999年と2019年 みのりの人生

 

2019年に生きる40歳前後の主人公みのり。東京在住のみのりが故郷香川に帰省する機内から物語が始まる。後ろの座席で赤ん坊が泣く。舌打ちする見知らぬ男性。着陸後ちらっと赤ん坊のほうを見てしまった自分自身の内なる言い訳。みのりの目に映る世界は、なるようにしかならないというあきらめに支配されているように見える。

みのりの実家は讃岐うどんの店だ。親族で店を取り囲むように住んで働いている。その小さなコミュニティで全てが完結する、そこで生まれ育った。

故郷は決して閉塞感のある土地ではないのだが、高校生の頃のみのりは広い空にも近くにある瀬戸内海にも「閉じこめられている」という感触を抱いていた。東京の大学に進学を決め、いよいよ上京のために機上の人となったみのりの心情は高揚のただなかにあった。

「出ていくんだ、とみのりは心の中で叫んだ。」「自分の意志と足で、はじめて、外に出たような気がしていた。」

みのりが大人への第一歩を踏み出す象徴的なシーンだが「外に出たような気がしていた」、と表現している。本当の大人になったみのりの視点は非常に手厳しい。

東京郊外の大学での学生生活、履修する授業に納得のいく選択ができず、薄っぺらな友人しか得られず、ひとまず落ち込むみのり。

そんな時住んでいる女子寮のなかで、他大学の先輩と出会う。それがみのりの人生の転換点となる。

この後なんどか、みのりは高揚する気持ちになり人生を前向きに進んでいくのだが、生まれ持った優しさが”あだ”になる事態が起こる。それはみのりの人生の足かせとなってしまう。

 

1940年代 ”ぼく”の独白

 

みのりという女の子の話の合間に、どうやら戦争中の兵士のひとりごとがはさみ込まれる。誰なんだろう。読者は不思議に思う。

兵士は”ぼく”という一人称で苦悩を独白する。国内の訓練では殴られ通しだったが、町に出ることも許され、気の合う友人もできた。

やがて訓練は終わり戦地に送られる”ぼく”。戦地とはどのようなところか。

「考えてはだめだ、感情を持ってはだめだと、思い知らされることになる。いや、正確にいえば、考えることも、感情を持つことも、いっさいなくなるんだ。」

南洋の戦地にて退却戦としか思えない戦いを強いられる部隊。仲間はどんどん吹き飛ばされる。感情を持つことが許されない環境で、自分の意志が麻痺してしまう。「自分で考えることができなくなっている」

自分で見て考えて行動すること、それが平和の意義のひとつだろう。”ぼく”はその世界を切望していた。戦後、生まれ故郷に戻った”ぼく”はもう以前の自分を取り戻すことはできないのだと、思い知る。

全てがなすがまま、上官に命令されて陣地を設営した時のように、故郷のだれかに声をかけられたまま生き、自分の感情を捨ててしまった”ぼく”。希望なんてひとかけらも持っていないように見える。

タラント 角田光代

大切な何かを失い、それでも人はなぜ生きるのか

 

みのりの生きる21世紀は自由に泳げる世界のはずだ。だが彼女は苦しそうだ。みのりが経験したことの幾つかは、読者である私たちも形は違えど出会っていると思う。読み手もチクチク心を痛めながらみのりの人生を追っている。

ただ兵士だった一人の男の人生は、息を止めるようにして読むよりほかない。

この二人の登場人物の共通点は何だろうと考えている。大切な何かを失った後、人は希望を持って立ち上がれるのだろうか。次の”なにか”は見つけられないかもしれない。でも見ていないことを望むことはできないんだ。

「世界を知るって、自分の未来を知ること」。みのりの友人である玲が放つこの言葉は重要だと思う。

大人になったみのりに訪れる絶望と拒絶。同士のような家族を得て、なんとか生きて働いていること。

物語前半ではわからなかったことが明らかになりはじめる。過去と現在、途中で挟みこまれる“ぼく”の話とともに接点が重層化する。みのりも読者もあぁ!と声をあげる。そういうことだったのか、と。

そうして、みのりは自分の歩むべき道すじを少し見通せるようになった。

後半の章は加速を増す。全ての人の歩みを肯定する展開に、現実を生きる読者にもタラントが与えられる。手のひらに少しの希望を握りしめて、空を見上げて進んでいけますように。

そんな角田さんの祈りが伝わるような小説であると思う。

 

『タラント』に関する角田光代さんのインタビュー記事

 

連載開始当初の角田光代さんのインタビュー記事が読売オンラインで読めます
角田光代さん『タラント』インタビュー特別編

連載が終了したお気持ちを語る角田光代さんのインタビュー記事も読売オンラインで読めます。
角田光代さん『タラント』連載を終えて...

 

新聞紙上で読まれていた方は、通して読むと改めて心を動かされると思います。畳みかけるような後半の章とエピローグは、どうあっても泣けてくるのです。

未読のかたはぜひ『タラント』に触れていただけると嬉しいです。

 

↓読売新聞上での連載最終回のすぐあとに上げた記事がこちらです↓

 

created by Rinker
¥1,980 (2022/06/25 16:39:18時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,980 (2022/06/25 16:39:18時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました