2022-07

本を売るひと

【本を売るひと その7】書籍が返品できるのはどうして?~雑誌の返品を例に考える~

書店で働く人の予習復習となるブログです。皆さんは、飲食店や他の業種の小売りで働いたことはありますか?基本的に仕入れた商品はメーカーに返品できません。書店の業界では返品返本は日常業務の一環です。なぜその制度が通用するのか、掘り下げて知ることは書店員の懐の深さとなります。
本が読みたくなる

『生のみ生のままで』綿矢りさ氏。まっすぐな想いを受け止めた先を見てみたい。

逢衣と彩夏。このふたりの女性が、雷に打たれたような恋を始める。許すとか認めるとかそんな陳腐な言葉は必要なのかな。こんなに彼女たちはまっすぐなのに。人は日々、何かを演じているけれど、それを脱ぎ去った”生のまま”の自分を受け止めてくれる存在の大きさを知る小説です。
本を売るひと

【本を売るひと その6】番線印とスリップ。番線とは?スリップレスのいま。

書店員に必須のアイテム、番線とスリップ。番線印(番線を記したはんこ)は今のところ生き残っています。ただスリップレス化は進行していますね。POSシステムが広がって、アナログな発注方法が淘汰されていく書店業界。番線の働きとスリップの現状を見てみましょう。
本を売るひと

【本を売るひと その5】「客注」で大事なことは2つ!! 検索スピードと接客。

書店で働く人の予習復習となるブログです。発注はお店の要。新人書店員さんが売り場に出てまず出くわす発注は、「客注(お客様注文分)」です。 ここをしっかり覚えると、書籍流通の一端が見えてきます。そしてお客様の信頼も頂くことができます。
本が読みたくなる

『女が死ぬ』松田青子氏。直接攻撃しないクレバーな短編集。

強烈なインパクトを持つタイトル『女が死ぬ』。松田青子さんの描く「女に対する定義の理不尽さ」にいちいち「わかる~」と声が出ます。凝縮された53本の短編たちから繰り出される、抑圧をはねのけるパワー。共感するだけでなく、そこから自分は何ができるかを考えたくなる。それでいて読み物としても面白いのです。
タイトルとURLをコピーしました