本を売るひと

本を売るひと

【本を売るひと その8】書籍の発注のポイントは結局2つ。

書店で働く人の予習復習となるブログです。書店員稼業にも慣れてきたら、あなた一人で判断して発注する時がきます。発注方法はいろいろ。ノウハウはなんぼ知ってても困りませんからね~^^
本を売るひと

【本を売るひと その7】書籍が返品できるのはどうして?~雑誌の返品を例に考える~

書店で働く人の予習復習となるブログです。皆さんは、飲食店や他の業種の小売りで働いたことはありますか?基本的に仕入れた商品はメーカーに返品できません。書店の業界では返品返本は日常業務の一環です。なぜその制度が通用するのか、掘り下げて知ることは書店員の懐の深さとなります。
本を売るひと

【本を売るひと その6】番線印とスリップ。番線とは?スリップレスのいま。

書店員に必須のアイテム、番線とスリップ。番線印(番線を記したはんこ)は今のところ生き残っています。ただスリップレス化は進行していますね。POSシステムが広がって、アナログな発注方法が淘汰されていく書店業界。番線の働きとスリップの現状を見てみましょう。
本を売るひと

【本を売るひと その5】「客注」で大事なことは2つ!! 検索スピードと接客。

書店で働く人の予習復習となるブログです。発注はお店の要。新人書店員さんが売り場に出てまず出くわす発注は、「客注(お客様注文分)」です。 ここをしっかり覚えると、書籍流通の一端が見えてきます。そしてお客様の信頼も頂くことができます。
本を売るひと

【本を売るひと その4】書籍を棚に入れていこう!

今朝入荷した書籍の各ジャンルへの振り分け、無事に終わりましたでしょうか? では、間髪入れず台車の上の書籍を棚に入れていきましょう。書店員の実力が試される仕事。静かな駆け引きをしている時間です。
本を売るひと

【本を売るひと その3】荷物の仕分けは鬼速&精密なジャンル分けが必要です。

書店に朝から出勤されている方には、開店前に大一番が待っています。それが”荷物の仕分け”。オープン前作業のあらましをお伝えしています。細かい部分はそれぞれのお店によって違いがあると思います。概要がつかめますので、ぜひ読んでみてください。
本を売るひと

【本を売るひと その2】出版社は「版元」。問屋は「取次」と呼ぶ書店用語を解説します。

書店の内部に潜入してみると、やたら「版元(はんもと)」と見聞きします。出版社を指す業界用語なのですね。 なぜ版元と呼ぶのか。そして、版元さんと書店をつなぐ問屋さん「取次」についても解説します。
本を売るひと

【本を売るひと その1】ISBN(アイエスビーエヌ)とC分類

書店で働く人のための予習復習となるページです。今回は書籍の裏表紙についている2段のバーコードとC分類というコードについて、やさしくお伝えしています。
本を売るひと

【本を売るひと】書店で働き始めるひとへ

書店で働く人の予習復習となるブログです。このページはまとめページです。
タイトルとURLをコピーしました